So-net無料ブログ作成
Animation ブログトップ

The WILD [Animation]

 「ライアンを探せ!」が放映されたので野暮用に出た都合もあって、録画しておいたので観てみた…。



ライオンキングとマダガスカルを足して3で割ったような作品だった。
なんかそれ以上の評価のしようがないや。


まぁそれなりには観られるんだけどそれは金をだしてなきゃあね、ってとこなんだけど。
(足してるのが2なのに3で割られてるのが感想の全て。)

とはいえWOWOWだからそれなりの視聴料はかかってるんだがね。(笑)
タグ:Disney animation

今日のFATHER OF THE PRIDE [Animation]

 今日放映された「アニマル天国は今日も晴れ」、とりあえずパッとインプレッション。

お話に関して、まだ1回目を観ただけなのでなんともと言いますか、とりあえず普通
です、ってとこですか。
たださすが14禁(違)だけあっていいのかこれ、というシーンがボロボロ出てくるのが
笑える。(笑)
翻訳については原語版と比較できないので正直不明。
だが吹き替えはとくに問題ありません、ミュージカル要素がないですから。

んで今回気づいた点、なぜかリビングに鎮座してる巨大な岩。
あれどう見てもプライドロックだよな。(笑)

本放送は年が明けて1月1日~3日と7日~9日で13回一気に放映とのこと。
(たぶん今回やった1回目も余計なスーパーなしでやってくれるよな…。(^^;)
一気に録画いれてじっくりチェックいれとこっ。


BROTHER BEAR [Animation]

 今日はディズニーデーで昼からずっとWOWOW漬けで半日過ごす。(笑)
ブラザーベアはやっぱり昼と夜2回観てしまった…。
実はファインディングニモは今回初めて観たのだが結構面白かったですヨ。
ごく普通のエンターテイメントとして、なんだけど。

チキン・リトルのある程度突っ込んだ映像も今回初めて観たんだけど…。
フォクシー・ロクシーに目が行っちゃったってのは……
ハイ、どうせ自分はそーゆーヤツです。

ブラザーベア(以下BB)に関して感想書くの今更初めてなんだけど、簡単ながら。

BBってのは自分としては「男の世界三部作」(と勝手に命名)の最終作と位置づけしてるんです。
前二作はなにか、といえばライオンキング(TLK)、スピリット”スタリオンオブザシマロン”(SS)
のことなんですが。
TLKで父子の関係、SSで男同士の友情、ときたら最後に残されたのは「兄弟」なわけです。
この三作の物語の核心はなにか?と聞かれたら自分は間違いなくこう答えます。
「男同士の熱いハートの物語」って。
というかこの三作観てアツくなれないのって男として冷めすぎなんじゃないの、って思ったり
するんだが。(笑)
(自分が単純なだけかも。(笑))

それはさておき、BBはナレーションでも言っているとおり、

「熊になることによって一人前の男となった少年の物語」

なのである。
正にそのとおりであってそこに「兄弟」という要素を結びつけることによって構築された話である。
(逆にそれ以外の点は上映の尺の都合上、端折った感はいなめないが。)
公開時のブエナの広報展開も的外しすぎで酷かったよね。(笑)
「コーダかわいい」で作られてる話じゃないんだってば…。
(ま、ブエナのJAROに警告されそうなぐらいな的の外しっぷりはいつものことなんだが。(^^:)
核心からズバッと言ってしまえば、末っ子が成長するためにはどうすればいいのか?
それは弟(妹でも可だが)ができることなのである。
初期段階ではキナイはやはり弟のままで話が進むはずだったらしいのだが、それでは無理が
あると思うのよね。
というか多くの人の経験的共有も得られるはずなのよ、弟ができるということは。
BBの物語の核心はそこにあるわけであって他の要素はあくまでもオマケと思ったほうがいいかな。
とはいえ他要素でも十分楽しめるんだけど。

演出面でいえばキナイがコーダに真実をうち明けるシーンがよいなぁ、と思ってたり。
初期では普通に二人に話させて進む予定だったシーンですが、セリフがなくフィルの歌のみで展開
していく様は受け手の想像力をかき立てられるシーン。
トゥークとラットは、”道化が真実を語る”という定番の役回りなのだがラットが角をへし折ってしまう
くらいの目にあってながらもああくるのが、やはり兄弟なのだよな…。
そういやフィル・コリンズはバルトで白熊兄弟のマックラックの声あててたわけで、そういうとこでも
熊つながり。(笑)

ディズニーの手描き2Dアニメーションはこの次の最終作ホームオンザレンジがあるとはいえ事実上
はこれが最後といっても差し支えはないような気がする。
しかし手描きのアニメーションにはいくらポリゴンをトゥーンシェーディングしても及ぶことが出来ない
ものがある、ほんとうに失っていいものなのか?
写真が発明されたとき、絵画はその役目を終えたということで無くなると言われた時代があった。
だが現状はしかり。
そしてポリゴンで描かれた3DCGI映像には描ききれない世界がこの作品にはある。

ブラザー・ベア

ブラザー・ベア

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: DVD

自分はこの国内盤以外にUS盤も持っていますがそちらは2枚組。
国内盤は未収録コンテンツが多数あるしDTS音声もないんですよね。
再販時は出してくれるといいんだけど…。


タグ:Disney animation

FATHER OF THE PRIDE [Animation]

 WOWOWのほうにいつのまにか(笑)
出てきてましたね。
とりあえず来年の1月1日からが本放送ってことで。

http://www.wowow.co.jp/anime/animal/index.html

とゆーかサーモティだけしか声がぱっと連想できないよ…。


アニマル天国は今日も晴れ [Animation]

 はい、なんなんでしょう、このタイトルは。(笑)

正解はDWの「FATHER OF THE PRIDE」の邦題でした。

あまりの内容のアブナさに本国では半ば無かったことにされちゃってる(らしい)作品がいよいよ日本で放映がはじまっちゃいます。

11月27日の午後2時からWOWOWでやりますので気になる面々は絶対観るよーに。(笑)
(現在WOWOWホームページにはまだ番組表のみしか掲載されておりません。)
ちなみにこの1回めは無料放送日なのでBS観られれば問題なく観られますが、無料放送時間中は余計なスーパー多いのよね…。
よって通常でも第1回を放送してくれること希望。(笑)

これでガイバーともう一つ定期的にWOWOW観るのが増えた。(笑)

なお明日は1回目ディズニーデーでファイティングニモ(違)放映だけど観るかわかりません。
でも23日のブラザーベアは間違いなく昼夜分2回観ちゃうんだろうな。


TLK II Simba's Pride [Animation]

 テレ東で放映されたのでつい観てしまいました。
DVD諸々を所有しているのであえて観る必要もないんだがつい観てしまうっちゅーのはやはりオタクの性なんだか。
しかしTLKは今までフジで関連ものや放映していたのになんで今回になってテレ東なんだか謎っちゃ謎。
そういや日本語版の大キアラ役が佐藤藍子だったのを今更ながら思い出したなり。
DVDはぜんぜん日本語版観ないからなぁ。
オリジナル発売の時のフジでのPR番組にも出ていたっけね。
TRFのエンドタイトル入らなかったのは大人の事情というヤツなんですかね。
US版オリジナルのほうがいいのでこれのほうがよかったが。(笑)
しかし全部ちゃんと流せよ、わざわざテレ東のオリジナルエンドロール作らなくてもいいから。(^^;

でもやっぱりCM入れられると間が悪くなるというか全体の流れが阻害される感じ強いよなぁ。


タグ:Disney animation
Animation ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。