So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

乗り鉄でFPDM特別展 2009 [鉄道]

 今年もFPDMの特別展、”恐竜の暮らした森 恐竜は花を見たか?”を見に行ってまいりました。
今回もピークを外した9月での訪問な訳ですが、今年は¥1000高速の渋滞のせいで行くのどうすっかな~、と考えていたのだけれど乗り鉄も組み込んで行ってまいりました。
福井だと米原回りのほうがいいはずなんだが、東海道経由だといい切符が全然ない…。
結局時間的にはちょっと不利になるけれど、北陸フリー切符+αを使っての移動に。
道中もそちらのほうが面白いわけで。

img168_1.jpg img170_1.jpg
東京駅20番線から、”たにがわ401号”にて出発。(200系K21 5号車225-1036、11E)
これが朝発って一番早く乗ることのできる新幹線なんですよね。
後の”とき”でも間に合うんだけれどそれだと越後湯沢での余裕がなさすぎなのでこれにした。

P9054901_1.jpgP9054895_1.jpg
越後湯沢、はくたか2号に乗り継ぐ。(681系9号車クハ681-6、4D)
最速タイプの設定だが通常は6連、でも今日は増結の9連、となりのホームには北越急行車、ホックンもいるよ。

在来線最速の160kmはトンネルばかりなんで速いんだかどうなんだかさっぱり実感わかず。(笑)
ただトンネル通過時にガラスが柱の真ん中付近で内張からの隙間が5mm以上は増加して、外へ膨れているのが見えるので気圧差が凄いのは感じられる。
こりゃ構体にかかるストレスも大きそうだから構体寿命も新幹線なみかもなぁ。

img178_1.jpg
金沢駅5番線到着。

P9054904_1.jpgP9054905_1.jpg
ここで下車してもてなしドームがゲハラに破壊されてないか確認しにいく…。
じゃなくて福井までの切符を手配。
フリー切符でも加賀温泉までいけるのだけれどそこで乗り継ぐほうがいろいろ問題大きいので金銭的にはもったいないのだが。
それでも今回と同じ行程を普通に買うよりトータルには安くつく、恐るべし北陸フリー切符。

img181_1.jpg
”雷鳥22号”で福井へ出発。(485系A6 2号車モハ485-506、12D)
ひさしぶりに乗る485だけど、あと何回乗れるか。
元をたどれば”スーパー雷鳥”車なのでアコモはグレードアップされている。

img184_1.jpgP9054919_1.jpg
福井でえちぜん鉄道に乗り換え、だけどバス乗り継ぎ調整も兼ねてここで昼飯にしておく。

P9054920_1.jpg
えち鉄福井駅ホームでいきなり恐竜博士のお出迎え、今年現れた分身らしいぞ。

P9054921_1.jpgP9054922_1.jpg
勝山から恐竜ラッピング車をつかった臨時便で、勝山駅での乗り場が特別なので注意が必要。

img186_1.jpgP9054936_1.jpg
なんだかんだ14時ぐらいにはFPDM到着。

P9054935_1.jpgP9054937_1.jpg
館銘碑のフクイラプトル像っていままでじっくり見たことなかったのだが、あらためて見ると結構作り込まれてるんですねぇ。

P9054924_1.jpg
こちらオリジナルの恐竜博士、あいかわらず気づいて来る人少ないな。

今回メインは当然特別展なのでそちらに主眼を置いて見ていくが常設展示も時間の許す限り見る。
まぁ、ここでは書ききれませんが。

勝山駅行き最終バスで駅へ、しかし駅まで行ったのまた自分1人すか…。
P9054943_1.jpgP9054947_1.jpg
福井行きまで時間があるので駅構内に展示されているML6とト68をじっくり見る。
しかしこのバッファー取り付け跡があるというのも凄い年代ものだよね。

P9054950_1.jpg
帰りはもうすでに急ぐ旅ではないので福井からは普通で…、って419系かよ、うっはー。
初めて乗る機会を得た581系改造車、よくぞ今日まで残っていてくれました。
しかし本当に寝台電車を最低限の改造で近郊形にしましたという室内は、当時の国鉄の苦しい台所事情の証とはいえ趣味的に見ると面白すぎる。
P9054952_1.jpgP9054953_1.jpg
窓際のテーブルには表示は外されているものの、残されたセンヌキが感動もの。
これがなんだかわかる人、今の時代どれぐらいいるんだろ?
金沢までそこそこ時間かかるので時々ウトウトしながら身をゆだねる。

金沢駅に着くとまだ1時間以上あるのにもう”北陸”入ってるよ。
P9054954_1.jpg
機回しする前に一度駅構内でも止まるみたいでしばらくすると西金沢方へ。

P9054958_1.jpg
夜のもてなしドーム、ますますゲハラを思い出す。
”北陸”乗車前に駅で必要なものを買い込んでおいてついでに”日本海”を見送っておく。

P9054966_1.jpg
北陸号入線。

北陸号上野行き(2009/09/05発駅基準14系6号車スハネ14 752、8)
EF81 141+スハネフ14 28+オハネ14 82+スハネ14 752+スハネフ14 31+スハネ14 758+オロネ14 703+スハネ14 702+スハネフ14 27
ついに最後の14系寝台特急となってしまった”北陸”だが末期の九州車と比べるとピカピカなのが印象的だ。
多少腐食の見える箇所が散見されるも、まだまだ走らせる感が感じられるのは見ていて気分が良い。
だが九州車に見慣れているとナンバーにGマークの入った14系というのは違和感バリバリ。

img187_1.jpg
この東日本タイプのソロは乗るの初めてだが、やっぱり天井は低い感は否めない。
でも窓からベッド面までが短いので寝たままでも外が眺められるのが面白いし、2階室だと寝ながら星も見える。

P9054983_1.jpg
22:18、上野へ向けて出発。
さすがに今回は東京発が早朝だったため、糸魚川辿り着く前にあえなく撃沈。
次に目が覚めたのは水上の運転停車でした。
長岡で逆編成になってるのはわかっててはいても起きがけに見るとなんかドッキリする。

P9065000_1.jpg
上野に到着、長岡で付いたのはEF64 1053でした。
しかし6時台到着というのは起きてから慌ただしいものでもう少しゆっくりしたいところ。

P9065006_1.jpgP9065011_1.jpg
上野名物、推進回送で今回の旅は締めくくり。

歪んだ世界 [鉄道]

 タイトルの通り、変な写真が撮れました。
機材にシャープのWS007SHを使ったことが原因なんだが…。

img158_1.jpg
こっちは掛川の恐竜、はっきり言ってシャッタータイミングの難しい機材で高速移動中にうまく撮れたもんだと思う。
でもこちらは言わなければあまり違和感は感じないけれど。

img159_1.jpg
こちらはもう見た目完全におかしい。
(手前の屋根がもともとカーブしてるのもあるのだが。)
詰まるところ[es]のCCDは開始から終了までのラグがかなりあるらしい、って言うことです。
画で見ると上から下へ順次画素がデータを送り出す。
だけどその間にもどんどん移動しているので…、垂直方向が歪む。

まー、以前から高速移動体なんかを撮影してもおかしく歪ませて遊べるカメラ機能だったんだけどね。






2枚目は二川の恐竜の失敗です。(笑)

車齢20年 [鉄道]

 TOMIXのトワイライトエクスプレスを引っ張り出したついでに軽く整備。
初回ロットの製品なんで現実に車齢は20年近いんだなこれ。
(手持ちの中には30年に迫るのもボチボチあるんですが。)

 カニのJRマークの位置を貼り替える。
P7124758_1.jpg
元々トワイライトのカニのJRマークの位置は独特なものなんだけど、初期ロットのTOMIXのカニ24は13番。
この13番は登場当時他のトワイライト用車と違い通常のカニ24と同じマーク位置だったのでそれに準じて模型も貼り付けておいた。
模型もそろそろ更新工事かける気分になってきたのでまずは手始め。
銀河や日本海に組み込んでも位置が違う方が目立つというのもあるので。

P7124757_1.jpg
だが正直貼り直すJRマークのインレタも古いので劣化が危惧されるが…。
とりあえず問題なく使用可能。(カニには0823を使用。)
将来的にはどうかだが今のところ浮き上がりなどはなし、もうJRマーク単独の新品は入手困難なのでダメでもどうしようもないんだが。

P7124761_1.jpg
牽引機のEF81にもJRマーク貼り込み。
こちらは本当に20年以上のビンテージものな0813を使用、同じように問題なし。
実はいままで牽引機には貼っていなかった…。
というかトワイライト色にもJRマークついてるというのをまったく気がついてなくて、ここでようやく正式な姿に。

P7124760_1.jpg
フル編成をレール上に載せる。
20年前もの製品でありながら現在のものと比較してもほとんど遜色がないというのは凄い。

P7124762_1.jpg
ただ室内灯の遮光テープの粘着力が劣化とか、やはり年月の流れは感じさせる。
カニの室内もこれだから今のレベルで見ると、なぁ。(^^:

P7124756_1.jpg
だけど北斗星車の金帯の劣化の方はかなりマズイ。
こちらはトワイライト車よりも1年くらい古く、2008年製のあかつき車と比較すると劣化の度合いが…。
新品のうちに手を打っておかないとダメだな、これは。
タグ:鉄道 模型鉄

補修中 [着ぐるみ]

 いいかげん間が開きすぎたのでなにか更新。(^^;
ギーことギアンサルのヘッドをちょっとした補修。
持ちあげたところ中でガラガラ音がする。
なにかの部品が脱落したらしい。

P7054743_1.jpg P7054744_1.jpg
口蓋パーツを外して久々の入れ歯状態。
このあたりはメンテを考慮してネジを外せば簡単に分解できるようになってます。
口蓋パーツのフックが脱落していたので再接着して乾燥。

P7054748_1.jpg P7054749_1.jpg
口蓋はこのフレームに奥を引っかけて手前でネジ止めしてあるだけ。
この引っかけるフックがなぜか脱落、まぁ、接着の不備みたいな感じ。

P7054747_1.jpg
普段は出来ない表情にさせてみて遊ぶ。
上犬歯が干渉するので普通はここまで口は閉まらないのだが、やはり歯が見えないだけでも表情が一変するなぁ。

P7054751_1.jpg P7054752_1.jpg
少し引き出して歯茎を見せてみただけでもかなり威嚇的な表情。
で、元に納めてみました。

フライング [日記]

 えっと、発売って21日のはずでしたよね…。
予約発注かけていたとはいえ昨日の夜に発送メールが来て到着が今日の昼すぎって、何?
このamazonみたいじゃない迅速さは。
DVDやゲームだと良くて発売日にようやく発送だというのにこの落差。(笑)

P3204498_1.jpg
というわけで待ちに待ったエラゴン第3部、エルデストの続編ブリジンガーの日本版がようやく発売となりました。
今回表紙は上巻がレザルブラカ、ってドラゴンじゃないのは初めてか。
下巻はエルデスト上巻と同じくグレイダーなのね。
エルデスト読み終えてからもう2年ぐらいたっちゃってるかなぁ。
一応巻頭にこれまでのあらすじがあるけれどもう細かいとこ半ば忘れちゃってるよ。(^^;
とはいえこれで完、ではなくなって当初は3部予定だったのが話が膨らんで4部までいくことになってますから。
映画のほうは続編は期待しない方がいい状況だししっかり原作で追っておくしかないな。

でもとりあえずしばらく積み上げ確定だ…。
まだビースト2冊も読めていないという。
タグ:

週末徒然 [日記]

 とりあえず広い作業場所が欲しいですぅ。
現在着ぐるみ製作を最優先事項としてあと1ヶ月をひとつの区切りにやっているので、ふつーに他のことしてる時間が…。(笑)

P3084496_1.jpg
 ダイヤモンドビーストの時新宿で5店ハシゴしてようやく見つけたというのに懲りて今回は素直にkonozamaで…。
でも素に読み通せる時間をどこで捻出するかに頭を抱える。
通勤中に読み倒せるという恵まれた環境ではないので読書のための時間を専用に作らねばならない。
さすがにノベルはながら読みなんぞできるほど器用な人間じゃないから。(笑)

P3084497_1.jpg
とゆー意味じゃこれも起動してさわりをしただけでしばらく積みゲー確定。
まぁ軽く出来そうなので気分転換に起動する確立は高そう。
最近は360のゲームばかりしか買っておりませんがもう7本くらい積みまくりでどうしたもんだろー。

母の指笛 [Anime]

 獣の奏者 エリン 第7話

ついに来てしまった、と言うか原作でわかっていたことなんだけど…。
1クールあたりを区切りにする展開かと思っていたんだが、それじゃやっぱり遅いわな。
ターゲットの年齢上さすがに直接的描写はないけれど、ソヨンの最期を別方向へ逃げず真っ向に描ききったことに作り手側の本気度が垣間見える。

だがこれからの展開が本当の物語の本番、なんだよね。













余談だけどアナログ放送だとレターボックス映像にはなっているものの、結構左右が蹴られてるんだよな~。
さっさとデジタルに対応させんといかんですか?(笑)
タグ:anime

全俺が泣いた! [Anime]

 デジモンテイマーズ

 #35 その名はデュークモン!真なる究極進化
久しぶりに観たら…、タカトとギルモンのやり取りが最高に泣けるっ。
それとやはりテイマーズは歴代シリーズ中、怪獣モノとしても最高の出来だ。

 #41 帰還 リアルワールドへ
やはり八島氏作監担当話のギルモンは表情豊かでムッチャかわいい。
アークに乗り込む直前からの加藤さんが怖すぎ。
なんで三鷹駅の描写が北口なんだっ、という(元)三鷹市民の感想。(笑)

 #50 真紅の騎士デュークモン 愛するものたちを救え!
ZERO-ARMSグラニの名優っぷりが最高すぎる。

 #51 夢見る力こそ 僕たちの未来
今観ても猛スピードの高速展開っぷり。
しかし最終回にして担当作監がこの人なのは別の意味で泣ける。


番外
 獣の奏者 エリン

#06 ソヨンのぬくもり
ソヨンの死亡フラグ立ちまくり、話の展開上こうなるのはわかりきっていたことなんだが…。
エンディングがあそこで入った時点で「あ、やべぇ」と思った。
しかし10話にも満たず来るとは思ったより早かったな…。
タグ:anime 怪獣

謹賀新年2009 [日記]

 新年あけましておめでとうございます。
もう何度も言ってますが何度でも言います。

なんだかかなり酔ってるみたいだが明日は飲めないのでいいでしょ、と。
まー考えなしに酒飲んで甘いもの喰ってたら普通に生活習慣病になる歳なんだが…。

すっかり忘れていた本厄も明けて、って今年は後厄っすけどそんなもの考える暇もなく今年もまたすっ飛ばしていきますか。


今年の目標

1) PCモニタとTVの買い換え?
今はどちらもだましだまし使っているような状態だがホントにモニタの方はヤバイな…。
今もピンボケになりまくって文字が読みづらい、そんなに酔いが酷いわけじゃないぞ。(^^;
テレビはもう15年選手の24吋ワイドブラウン管なのだが観ていると瞬間的に電源が落ちたりしてそろそろマズイかな、と。
いっそのこと統合して24吋ワイドのモニタにでもするか?

2) 着ぐるみ
さすがにもう稼動できるようにしないと自分のテンション的にも マ ズ イ 。
ボディの形が見えてきたのでもう一息な感じなんだけど、そろそろ第三者視点で見てもらわないとバランスとりがつらくなってきたかも。


ほんじゃこれから今年最初の製作にでも入るかな。(笑)

鳥山九頭竜 [日記]

 頭数が9頭だからタイトルに間違いはないはずだ。

発注しておいたドラゴン大全が届いておりました。
もう今はブラインドタイプの食玩はバラバラ買っていくのがめんどくさくなってボックス1個買い、というパターンばかりになってしまいました。

PC074384_1.jpgPC074385_1.jpg

10種+シークレット1種というラインナップなんで10個入りボックス1個だとコンプリするのはかなりカツカツな確立ですが…。

1発でコンプリートっっ。
さすがにシークレットはかなり分が悪いようですが、なんだかまだよくわからないのでとりあえずこれで打ち止め。
ダブルキーチェーンの時も1箱でそろって8種で10個入りなので2種ダブりでしたが、バンダイの食玩は確立的にはかなり楽な方かな。
まぁ手持ちの母数が少ないからデータ的にはまだなんともだけど。

サイズは大きすぎず小さすぎずといったところでディティールは値段的にこんなところでしょ、といった感じ。
ただ塗装はもうちょっと頑張ってほしかったか?
だけど他にまともな立体物がないので出してもらえるだけでもありがたいか。

状態確認のために引っ張り出してみたので1個1個並べてみよう。
(番号は台座に振られているナンバー)

PC074386_1.jpg
1、神龍
尻尾が切れているように見えるけどちゃんと全身あるよ。

PC074387_1.jpg
2、ボルンガ
実はこれが一番知らない…。(笑)
詳しいことはここでは省くけど自分DBは天下一武闘会あたりで読まなくなってしまったので、それから先はわからない部分がかなりあるのよね。

PC074388_1.jpg
3、神龍(ゴールドver.)
胴体側にある髭はおかしくなっているわけではなくこれが仕様。
これは全身がなく尻尾の途中で切れている。

PC074389_1.jpg
4、ドラゴン(原作ver.)
神龍とはえらいギャップですが。(笑)
手だけでなく足もグーになってるのが変わり種。

PC074390_1.jpg
5、ブルードラゴン
アニメ版だけの、顔が影の時のままなのに下半身があるタイプ。
ポーズは天界の七竜前期OPの〆のポーズ。
後期OPではゲーム版と同じ厳つい顔になっているので天界の七竜本編では出番あるのか?
これは造形にかなり目立つエラーがあって、翼の人差し指の途中に爪が変な方向に生えてるんですが…。
元のデザインよく確認しろよな~。
(後でOP確認したところアニメ版のデザインがそもそもこうなっているようで設定にはこれが忠実なようです、がそれでも変なんだよなぁ。)

PC074391_1.jpg
6、ブルードラゴン(ブーケ合体ver.)
右腕の装備がちょっとエッジ甘いかな、というぐらいで出来は上々。
これ単体だと影じゃないみたいだけれど、実際尻尾は尻尾じゃなくてシュウの足にまだくっついてる状態なわけだよね。(笑)

PC074392_1.jpg
7、ブルードラゴン(ノイ合体ver.)
本当は尻尾の部分にも支柱がついているのだがなくても問題ないのでつけていない状態。
たぶん足裏のボスだけでは強度面で不安ありそうなのでその処置かな。
尻尾はブーケ合体と同じだけれどデザインが初見の時、変身忍者嵐みたいだ、と言ったのはナイショ。

PC074393_1.jpg
8、ブラックドラゴン(ノイ、ドラゴン体)
元デザインの頭でっかちで細い手足。
まだ子どもという感じがうまくでてるかな。

PC074394_1.jpg
9、レッドドラゴン(ミヒャエル、ドラゴン体)
10種中もっともボリュームのあるアイテム。
ただ塗装に一番難のある感じで背中側と腹側の色がはっきり塗り分けられていないのがディテールが全体に眠い感がある一因か?
T-REXに翼をつけたような、ありそうでなかったフォルム。
ある意味、やったもん勝ちってところだよね。(笑)

PC074395_1.jpg
10、シュウ&悟空
主役なのにラインナップ中一番はずれ感があるな。(笑)
2人の身長差ってこんなにあるんか?って驚く。
ちなみにシュウは足が小さく裏にボスが設けられないので透明部品の支えがないと設置出来ません。

こうなるとラインナップとしてBDのホワイト、グリーン、ピンク、ゴールドの各ドラゴンも入れて欲しくなってくるよな~。
タグ:食玩

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。